主催者が中止の意向を表明している今年の青森ねぶた祭をめぐり、大型ねぶたの運行団体でつくる運行団体協議会(山内誠会長)は15日、祭り実行委員会に対し、財政面の支援や完成した大型ねぶたを披露する機会を設けるよう求める要望書を提出した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。