「つがる」の着果状況を調べる舘田課長(右)ら=12日午前、黒石市花巻地区

 青森県は12日、2018年産リンゴの着果状況調査を始めた。津軽地域を中心に県内72カ所の園地を調べ、摘果作業の進み具合や果実の表面などに黒い斑点が生じる黒星病の有無を把握し、高品質リンゴの生産に向けた指導に役立てる。調査は13日まで。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)