最新号で映画「いとみち」を取り上げた各誌。上から「波」「小説新潮」「シナリオ」

 津軽を舞台にした映画「いとみち」の劇場公開(18日から青森県内先行上映)を前に、月刊文芸誌などが相次いで同作品を取り上げている。出演者のエッセーや、県内などでのロケ日誌、シナリオなど多彩な視点で紹介されており、さらに原作も併せて読めば、ひと味もふた味も違った映画の魅力が楽しめそうだ。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から