青森県「攻めの農林水産業」推進本部は15日、県内で昼前から夜遅くにかけて大気の状態が非常に不安定になる見通しであることから、臨時農業生産情報を発表した。竜巻などの激しい突風、落雷、ひょう、急な強い雨の恐れがあるため、排水対策や施設の補強を行い、農作物の被害防止に努めるよう呼び掛けている。