入山する前の注意点を示した看板を設置する青森署員=5月、青森市合子沢

 タケノコなどの山菜採りのために入山し、遭難する人が多い6月。青森県内では昨年、春の山菜採りで5人が死亡、今年も既に2人が亡くなっている。県警は食料や携帯電話など持参する物の準備とともに「慣れた山でも家族に伝え、無理のない行動を取って早めの下山を心掛けてほしい」と注意を呼び掛けている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。