弘前大柔道部員を相手に練習に汗を流すブラジルチームの選手

 2020年東京パラリンピック視覚障害者柔道のブラジルチームの事前合宿地に決定している弘前市で、大会出場を目指す同チームが強化合宿を行っている。11日から本格的な練習が始まり、県武道館の畳の上で約3時間、投げ技などの稽古に励んだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)