小学生の部で優勝した高橋さん(左)と準優勝の島田君
中学生の部で優勝した佐藤さん

 第42回全国少年少女囲碁大会県予選(日本棋院県本部、東奥日報社、東奥日報文化財団主催)が13日、青森市の県民福祉プラザで開かれた。中学生の部は佐藤響さん(弘大付3年)、小学生の部は高橋優衣さん(青森・浜館5年)が優勝を飾った。

 中学生の部は参加者が1人だけだった。小学生の部は9人がリーグ戦で競い、高橋さんが全勝。3勝1敗の3人が変則トーナメントを行い、島田逸生(いつき)君(弘大付5年)が準優勝した。佐藤さん、高橋さん、島田君の3人は8月20、21の両日、日本棋院東京本院で行われる全国大会への出場資格を獲得した。

 このほか、保育園児や小学生ら8人が親睦戦を楽しんだ。