全長約5メートルの「虫」を担ぎ、相内神明宮の階段を上る青年団員ら

 青森県無形民俗文化財に指定されている五所川原市市浦地区の伝統行事「相内の虫送り」を継承している相内青年団は12日、わらで作った「虫」を相内神明宮に奉納した。新型コロナウイルス感染防止のため、例年行っている地区内の練り歩きは中止した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から