2件目の事件現場となった小山さん方周辺の旭町通り。信号機や標識が並ぶ上部のアーム部に防犯カメラもあり、人の目を補う役割が期待される=11日、同市北金沢2丁目

 青森市旭町1丁目と同市北金沢2丁目で2018年6月、1人暮らしの高齢女性が相次いで自宅で殺害された事件は未解決のまま、1件目の事件発覚から3年を迎えた。時間の経過とともに住民の記憶が薄れる中、現場周辺の町会連合会は県警と連携し、地域に新たな防犯カメラ設置を検討。犯罪に強い地域づくりに向けた、住民の自主的な動きも出ている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。