青森港でクルーズ船の乗客を出迎えるおもてなし隊=今年4月(青森西高校提供)
車いすを押して段差を上がる練習をする生徒

 青森西高校の生徒たちでつくる「おもてなし隊」が、青森市の魅力発信や観光客のガイドに一役買っている。今年で9年目を迎える同隊は昨年、それまでの活動拠点だった駅に加え、港での活動を開始。陸から海の玄関へとフィールドを広げた。多くの観光客が来県する夏に向けて、同隊長の小林聖菜さん(3年)は「私たちはプロじゃないけど、若さを生かして楽しいガイドをしたい」と気合を入れる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)