十和田市のゴール地点に掲げられたモザイクアート=市現代美術館アート広場
おいらせ町の出発前に披露された日ケ久保虎舞
大漁の祝い歌「沖揚げ音頭」で聖火のスタートを盛り上げる階上町小舟渡地区の小中学生
「あけぼの祭典委員会」のメンバーは太鼓で祝福=十和田湖観光交流センター前広場

 青森県十和田市、おいらせ町、階上町、十和田湖では聖火の到着を祝う簡易イベント「ミニセレブレーション」が行われた。関係者や住民は盛り上げに尽力。スタート地点でのイベントでも祝福ムードいっぱいだった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から