八戸市第1走者の小原さん(左)とトーチキスをする第2走者の山下さん=11日午後7時

 何度も踏んだ大舞台以上の感激が待っていた。八戸工大一高硬式野球部監督として春夏通算5度の甲子園出場を果たした青森県南部町の山下繁昌さん(67)は、八戸市で聖火リレーの走者を務め、40年以上の指導者人生を支えた地域に感謝を込めてトーチを掲げた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から