市民の拍手に迎えられゴールの現代美術館アート広場へ入る十和田市の最終ランナー=11日午前10時49分
山車の前で笛や太鼓を演奏し、小原日登美さんを応援する地元住民ら=11日夕、八戸市(代表撮影)

 東京五輪の聖火が青森県内に到着して2日目の11日、県南各地の公道を駆け巡ったランナーは熱い日差しを浴び、元気にトーチを掲げた。沿道の住民たちは集まり、大きな声援を送る一幕も。夏季五輪57年ぶりとなる一大イベントに気持ちを高ぶらせた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。