オンラインで行われた青函みらい会議。パネリストからは、縄文遺跡群の世界遺産登録を生かした観光振興策や地域づくりに関する意見が相次いだ=青森財務事務所

 青森財務事務所と函館財務事務所は11日、青函地域の持続的発展を考える「青函みらい会議」をオンラインで開いた。パネルディスカッションでは、7月に世界文化遺産に登録する見通しとなっている「北海道・北東北の縄文遺跡群」を起爆剤とした観光振興策や持続可能な地域づくりの在り方を探った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から