活性化のためにできることを話し合い、発表する参加者

 魅力ある地域資源を次世代に受け継ぐ人材を育てようと、青森県大鰐町などでつくる大鰐温泉もやし増産推進委員会が9日、本年度初めての「大鰐なりわい塾」を町地域交流センター鰐comeで行った。参加者約40人が町の魅力や課題、町活性化のためにできることを探った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から