日本陸連は10日、東京五輪代表選考会となる日本選手権(24~27日・大阪市)のエントリー選手として、男子100メートルで9秒95の日本記録を樹立した山県亮太(セイコー)や前日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)、桐生祥秀(日本生命)らを発表した。小池祐貴、多田修平(ともに住友電工)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)らも名を連ねた。サニブラウン、小池、桐生は200メートルにもエントリー。青森県勢は男子400メートル障害に岸本鷹幸(大湊-法大出、富士通)、女子ハンマー投げの村上来花(弘前実)らがエントリーした。(共同)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から