2016年9月、リオデジャネイロ・パラリンピックの車いすバスケットボール女子決勝の米国戦でシュートを狙うドイツのマレイケ・ミラー(中央)=リオデジャネイロ(AP=共同)

東京五輪・パラリンピックの開幕が刻一刻と迫る中、新型コロナウイルスの収束はいまだに見通せず、開催可否を巡って揺れ続けている。世界中から選手団が集まることにも懸念が強まる中、海外のトップ選手たちは今、…

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から