かやぶき屋根がシートで覆われている清水寺観音堂。約40年ぶりとなるふき替え工事が始まった=10日、八戸市是川

 青森県内最古の木造建築で国重要文化財に指定されている八戸市是川の「清水寺(せいすいじ)観音堂」で10日から、約40年ぶりとなるかやぶき屋根のふき替え工事が始まった。数年前から屋根に傷みが目立ち、建物内部への影響が懸念されていた。工事は国庫補助事業を活用し、10月末までに完了する予定。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から