「時代劇はその時々で見る人に向けて作られてきたエンターテインメント。現代人の心に刺さらなければ成り立ちません」と話す春日太一さん

テレビや映画の時代劇はいつしか大衆の支持を失い、衰退した。映画史・時代劇研究家の春日太一さんは、制作側が「パターン」に寄りかかり、冒険精神を失ったことが大きな原因とみて胸を痛める。「時代劇は本来、ア…

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から