青森県が9日発表した2021年度一般会計補正予算案は、新型コロナウイルスのワクチン接種促進や、医療提供体制の確保などに計39億3538万円を盛り込んだ。7月末までの高齢者向け接種完了に向け、接種に協力する医療機関に支援金を出すほか、軽症・無症状者向けの宿泊療養施設の追加確保、PCR検査体制を強化する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から