「県ふるさとの水辺サポーター」に認定された五農の生徒たち

 青森県西北地域県民局は五所川原市の五所川原農林高校を、河川の清掃活動などを行うボランティア「県ふるさとの水辺サポーター」に認定し、4日授与式を行った。同県民局管轄の西北地域では、小中高校などの学校の認定は初めて。森林科学科の生徒が学校近くの天神川沿いでごみ拾いや水質調査、草刈りに取り組む。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から