ヤマメの稚魚を放流する子どもたち(岩木川漁協提供)

 岩木川漁協(村上英岐組合長)は8日、青森県弘前市紙漉沢の相馬こども園近くを流れる相馬川で、ヤマメの稚魚の放流会を開いた。同こども園の子どもたちが約3千匹を放流した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から