五所川原市教育委員会は7日の市議会一般質問で、市内全ての小中学校の女子トイレに生理用品を無償で配備する方針を示した。経済的な理由などで生理用品を十分に用意できない「生理の貧困」に対応する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から