追越漁港沖合で、緑色のシューターを使ってアブラメの稚魚を放流する浜谷町長(奥)

 青森県階上町と階上漁協は1日、同町大蛇地区の追越漁港沖合で、町の魚であるアブラメ(アイナメ)の稚魚約1万4500匹を放流した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から