地元産の豚肉などを使った給食を味わう舞戸小児童と平田町長(右)

 青森県鯵ケ沢町教委と町立学校給食センターは6日、地元食材を通じてふるさとの良さを知ってもらおうと町内の小中3校で「ふるさと給食の日」スペシャル版を実施した。自然熟成豚で全国にも知られる同町の長谷川自然牧場が学校給食用に豚肉31キロを無償提供。舞戸小では給食に合わせて食の授業も行われ、生産者の努力を学んだ児童たちは食べ物に感謝しながら味わった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)