八戸三社大祭の山車絵が描かれた記念ユニホームを披露したヴァンラーレの選手ら

 サッカーJ3ヴァンラーレ八戸はクラブ設立15周年を記念し、八戸三社大祭の山車絵が描かれた記念ユニホームを制作した。初のナイターゲームとなる7月10日のホーム戦から着用する予定で、新井山祥智主将は「八戸を背負っている気持ちで全力でプレーしたい」と意気込みを語った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。