姿を明かしていないもぐすさんに代わり写真に写るクマのぬいぐるみと、一花を演じる小坂井さん(右)、理緒を演じる長谷川さん。クマのぬいぐるみは、劇中で亮が一花にプレゼントしたもの(撮影時のみマスクを外しています)

 4月から青森放送(RAB)での放映が始まった漫画原作のテレビアニメ「恋と呼ぶには気持ち悪い」(略称は「恋きも」、漫画は一迅社刊)。原作者で、県内で創作活動を続ける漫画家もぐすさん(弘前大学出身)、ヒロイン・一花を演じる小坂井祐莉絵(こざかいゆりえ)さん(25)、一花の親友・理緒を演じる長谷川玲奈さん(20)が県内某所に集結し、アニメ制作に対する思いや裏話を語り合った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。