【西北5連合―弘前中央】三回から登板し、七回まで無失点に抑えて反撃を断った弘前中央の齋藤

 第100回の記念大会となる全国高校野球選手権青森大会は第1日の9日、青森市の青森市営球場で、開幕カードの1回戦・西北5連合-弘前中央の1試合を行った。弘前中央が、大会史上最多となる金木、鶴田、鯵ケ沢、木造深浦、浪岡の5校で結成した西北5連合を7-2で下した。弘前中央は2回戦で第3シードの弘前工と対戦する。大会第2日の10日は青森市営のほか、八戸市長根公園、はるか夢(弘前市)、六戸メイプルの4球場で、1回戦12試合を行う。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)