新たな横断幕とともに記念写真に納まる三村知事(手前中央)ら

 青森県などの17遺跡でつくる「北海道・北東北の縄文遺跡群」が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関から世界文化遺産登録すべきと勧告されたことを受け、県は1日、さらなる登録への機運醸成に向けた新しい横断幕を県庁に掲げた。「今夏、世界文化遺産誕生」と記し、来月の世界遺産委員会での登録が見込まれることを来庁者にアピールしている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。