力作がずらりと並ぶ角打ちスペースで、グラス片手の加藤さん(左端)とHASPのメンバーら

 青森県弘前市の美術グループ「Hirosaki Art Seed Project(=HASP、ヒロサキアートシードプロジェクト)」は5月31日から、同市西茂森の「加藤酒店」で「酒屋さんで美術展」を開いている。会期は6日まで。同店が昨年末に移転新築した際に作った「角打ちスペース」で行う初のイベントとなった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から