青森県むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設を運営するリサイクル燃料貯蔵(RFS、本社むつ市)は31日、同市内で取締役会を開き、新社長に東京電力ホールディングス原子力・立地本部の高橋泰成氏(57)が就く役員人事を内定した。現社長の坂本隆氏(61)は顧問に就任する予定。今月25日の株主総会と取締役会で正式決定する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から