青森県感染症対策コーディネーターで弘前大学病院感染制御センター長の萱場広之氏は31日、弘前保健所管内の新型コロナウイルス感染者数の増加は弘前さくらまつりが影響している可能性が高いとする見解を公表した。まつり期間中、県内外から弘前周辺を訪れる人が増加し、経路不明の感染が同時多発的に発生、医療の逼迫(ひっぱく)につながっている-と分析。萱場氏は「今年は、人の流れの増加につながるようなイベントは中止が望ましい」と訴えた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。