十和田市法量地区の山林に設置した定点カメラで捉えたツキノワグマ=28日午前10時5分ごろ(高渕英夫さん提供、一部分を拡大)

 東北巨木調査研究会会長の高渕英夫さん(69)=青森県十和田市=が28日、同市法量に所有する山林に設置している定点カメラで、野生のツキノワグマ1頭の姿を捉えた。2019年から3年連続となる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。