建物の一部の耐震性不足で休館が続く県立郷土館。耐震面や老朽化だけでなく、収蔵庫の不足なども浮かび上がってきた=2020年10月撮影、青森市本町
県立郷土館の現状や将来像について語る室谷さん=16日、青森市の県立図書館

 青森市本町の県立郷土館が、建物の一部耐震性不足などで2020年10月から休館して7カ月。「博物館と市民」と題したシンポジウムが今月中旬に同市内で開かれ、青森県初の総合博物館である郷土館の現状や、今後の在り方について市民が理解を深めた。開館50年を2年後に控え、施設の耐震不足・老朽化のほか、資料の収蔵場所や学芸員不足などの課題も見えてきた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から