涼み座敷の間で木々の緑を借景にしたステンドグラスに見入る見学者

 大正期のステンドグラスが残る青森県中泊町の旧家「宮越家」で29日、今年の一般公開が始まった。見学客は新緑の季節ならではの離れや、庭園の魅力を堪能した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。