青森労働局は28日までに、県内企業を対象にした来春新卒者の採用見込み調査の結果を公表した。「採用見込みあり」と回答した事業所は前年比29社増の1389社、採用見込み数は前年比46人増の5460人と、いずれも微増。労働局の担当者は「新型コロナウイルスの影響で多くの企業が経営に苦しんでいる一方で、世代交代の必要性に迫られており、採用意欲が高い」と説明している。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から