南部町の長谷寺(現・恵光院)観音堂
第33番札所の「観光上人順礼札」縦75センチ、横12.5センチ(恵光院所蔵)

 八戸市の清水寺(せいすいじ)観音堂壁板の「形見の歌のらくがき」については、国重要文化財指定の際、昭和58(1983)年に発行された「清水寺観音堂保存修理工事報告書」や「青森県史」では触れられていない。唯一、平成26(2014)年発行の「新編八戸市史(中世資料編)」208ページで「天正15(1587)年、八戸是川の清水寺に巡礼札が奉納される」と記されている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から