屋外に建つ木造建築としては県内最古の清水寺観音堂

 「形見の歌のらくがき」を所蔵する八戸市の楞厳山(りょうごんざん)清水寺(せいすいじ)は、国宝・合掌土偶を展示する是川縄文館の南隣にたたずむ浄土真宗大谷派の古刹(こさつ)である。平安時代の初めの頃、天台宗の高僧慈覚大師(円仁)が観音像を作仏して草創したとか、京都の清水寺を建てた坂上田村麻呂が開いたとかといわれ、観音堂は左甚五郎が建てたともいう伝説まで残っている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から