天正15年「形見の歌のらくがき」の板木の「恋の歌」が記された部分(清水寺観音堂所蔵)

 八戸市の清水寺(せいすいじ)観音堂の天正15(1587)年「形見の歌のらくがき」を受けて、作者の願いが2首目の和歌に詠まれている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から