【女子65キロ級決勝】森川美和(下)に敗れ、優勝を逃した類家直美=駒沢体育館(代表撮影)

 レスリングの世界選手権(10月・オスロ)代表選考会を兼ねた全日本選抜選手権は27日、東京・駒沢体育館で開幕し、女子53キロ級は17歳の藤波朱理(三重・いなべ総合学園高)が初優勝し、初の代表に決まった。藤波は準決勝で2017、18年世界選手権女王の奥野春菜(自衛隊)を破るなど3試合を勝った。50キロ級は吉元玲美那、57キロ級は南條早映(ともに至学館大)、62キロ級は尾崎野乃香(慶大)が優勝。65キロ級決勝は類家直美(八戸市出身、至学館大)が森川美和(日体大)に敗れ、代表切符をつかめなかった。(共同)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から