加藤勝信官房長官は27日の記者会見で、「北海道・北東北の縄文遺跡群」がユネスコ諮問機関・国際記念物遺跡会議(イコモス)の世界遺産登録勧告を受けたことに関し、国が考慮を求められた複数案件について「関係者と連携し適切な対応を取る」と述べた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から