しゃこちゃんの巨大モニュメントの前で登録勧告を喜ぶ「つがる縄文の会」のメンバーら=つがる市のJR木造駅前(撮影時のみマスクを外しています)
万歳三唱で喜ぶ三内丸山応援隊のボランティアガイドら=青森市の三内丸山遺跡センター前
環状列石の近くで横断幕を披露、手にしたミニフラッグを振って登録勧告を祝う関係者たち=青森市の小牧野遺跡
くす玉を割って登録勧告を祝った山崎町長(左)と五十嵐教育長=外ケ浜町役場

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関から、世界文化遺産に登録すべきだとの勧告があった「北海道・北東北の縄文遺跡群」。構成資産がある青森県内各地では27日、祝賀セレモニーが行われた。長年、登録実現を心待ちにしてきた関係者は「最高の気分」「『縄文の風』を発信したい」と歓喜の声を上げた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。