聖火リレーに伴う交通規制の案内板が設置された青森市内。県実行委員会は、今月末までにリレーの実施方法について最終判断する=26日

 6月10、11日に青森県内14市町村15区間で行われる東京五輪聖火リレーを巡り、開催地である青森市、弘前市、おいらせ町は26日、東奥日報の取材に、公道でのリレー実施の可否は県実行委員会の判断に委ねる旨を実行委へ伝えたことを明らかにした。県実行委は現在、14市町村から公道実施の可否などを意見照会中。3市町は25日の取材に、「回答内容を差し控えたい」「検討中」としていた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から