6月に青森県内で予定されている東京五輪聖火リレーの全区間公道開催が危ぶまれ始めた。開催地の五所川原、むつ両市が25日、新型コロナウイルスの県内感染拡大を理由に、公道の開催中止を県実行委員会に要請。他の複数の市町村は現時点で公道での開催を希望しつつ、新型コロナの感染状況次第では「再検討や中止もあり得る」と含みを残す。関係者から「五所川原、むつ市の動きに追随するところも増えるのでは」との声も上がっている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から