日本テレビ系『THE MUSIC DAY 伝えたい歌』で「国境のない時代」のパフォーマンスをテレビ初披露した坂道AKB

 AKB48グループと乃木坂46、欅坂46が禁断のタッグを組んだ“坂道AKB”が7日、11時間にわたって生放送された日本テレビ系夏の大型音楽特番『THE MUSIC DAY 伝えたい歌』で、「国境のない時代」のパフォーマンスをテレビ初披露した。センターを欅坂46の長濱ねるが務め、先月行われた『第10回AKB世界選抜総選挙』3位のHKT48宮脇咲良や乃木坂46から齋藤飛鳥などが参加。番組でも「次世代エースが集結」と紹介された。

【写真】幕張メッセで取材に応じた欅坂46

 SNS上では、即刻トレンド入りする反響で、「ダンスもかっこいいやばい」「どこ見ても可愛い」「坂道AKB、顔面偏差値が高すぎる」「みんなかっこよすぎるーー」「坂道AKBの『国境のない時代』ってピークここじゃない?」「やっぱ坂道AKB良いわ、メンバーが強いからもっと見たい」と、大好評。

 一方で、坂道AKBのほかにも所属グループでのパフォーマンスもあり、乃木坂46のメンバーにいたっては、都内でライブ後(3日間連続の2日目)に生出演(都内のスタジオから中継)しており、「乃木はライブ後にすげぇなって思った」「ちょっと、ハードスケジュールすぎないか乃木坂 頑張ってくれるのは嬉しいけど、無理だけは!無理だけはしないで!!」と気遣う声も上がっていた。

 AKB48メンバーもオープニングメドレーや、53rdシングル「センチメンタルトレイン」を披露した後、欅坂46メンバーも「ガラスを割れ!」を披露後、幕張メッセから都内に移動して坂道AKBに合流。向井地美音(AKB48)は自身のツイッターに「最後は坂道AKB『国境のない時代』こちらもTV初披露でした!緊張した!!! というわけで長時間見てくれた皆さまありがとうございました、たくさん歌って踊って幸せだった」と、AKBメンバーの写真を添えて投稿していた。