居酒屋やバーが腕を振るったテークアウト用弁当を買い求める市民の列
市役所の特設会場でエール飯を購入したムチュラン一家

 青森県むつ市が、新型コロナウイルスの影響が長期化し打撃を受けている飲食店を支援しようと、市役所内にテークアウト販売の場を提供する「むつエール飯2021」が21日、始まった。同日は4店舗が計約120食のテークアウトランチを用意したが、開始約10分で完売した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。