三村知事(右)に提言内容を説明する武山委員長(中)。左は南副委員長=19日午前、県庁

 料金徴収期間が本年度末で終了する「第二みちのく有料道路」のあり方検討委員会は19日、武山泰委員長(八戸工大教授)らが青森県庁を訪れ、「料金徴収期間を10年間延長し、利用者負担による債務返済を行うことが適切」とする提言書を三村申吾知事に提出した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から