地元産のメロンを食べる向陽小の児童たち

 青森県つがる市のつがるブランド推進会議(会長・福島弘芳市長)は「つがる市メロンの日」の6日、市内の保育所、小中学校の給食にメロンを提供し、県内一の収穫量を誇る地元産メロンのおいしさをPRした。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)