青森県内22自治体病院の常勤医数(5月1日現在)は504人(研修医113人含む)で、前年度より20人減ったことが6日、県国民健康保険団体連合会(県国保連)のまとめで分かった。常勤医の減少は2年連続で、市部を中心に計9病院で減った。全体の充足率は前年度を2.4ポイント下回る68.1%だった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)