朝乃山(左)に小手投げで敗れ、3敗目を喫した阿武咲(共同)

 大相撲夏場所9日目(17日・両国国技館)で、前頭5枚目の阿武咲(青森県中泊町出身)は大関朝乃山を土俵際まで追い詰めたが、ぎりぎりで体勢を崩されて小手投げで敗れた。3敗目を喫し、優勝争いの上位グループから一歩後退した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から